Introduction『パーカッションの樹』

このページは製作中です。内容は仮組みのためのものです。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Donec congue pulvinar arcu, vitae hendrerit lacus mollis vitae. Mauris et neque mauris, ullamcorper hendrerit erat. Vestibulum vel sapien mi, a viverra mi. Sed eu turpis sapien. Phasellus at enim varius elit feugiat lobortis. Sed a eros ac quam eleifend hendrerit.

バイオミュージックプロジェクトとは

Biomusic(バイオミュージック)

Biomusic(バイオミュージック)とは ”生命体の音楽"を意とします。人間の体・精神に作用し、相互に影響し合うことを目的とした音楽の在り方として、さらに、ジャンルという垣根のない「人類共通の音楽スタイル」の総称を、私たちはバイオミュージックと呼んでいます。

人が健康に生きるためには、生命には水が必要だということと同じように、体と精神(心)を持つ人間にとって、音楽は欠かすことの出来ないエネルギー源でもあります。そのようなエネルギー、あるいはエッセンスを上手に汲取り活用することで、疾病や怪我、障碍からの回復、健康の維持・増進に、科学的にも音楽を最大限に役立てることに期待できます。

バイオミュージックプロジェクト

ここでは特に、パーカッション(リズム)、ボイス(歌声)にコンセプトを絞っています。
そこにシンプルな音楽の原点があるからです。

私たちは、義務教育の中での音楽では「音楽の三要素は、リズム、メロディ、ハーモニーである。」と教わります。そして、メロディーやハーモニーが最も大切であるかの様に、メロディーを真っ先に教えられ、ハーモニーを揃えることに熱心な教育を受けてしまいます。これは西洋から輸入されたの音楽ジャンルの、ひとつの考え方、定義でしかありません。3つの要素をそろって再現できる人でないと音楽は出来ない(音楽が下手=難しい)と思い込んでしまった方も多いのではないでしょうか。聴くのはいいけど、演奏なんてできない・・人前でなんてとんでもない・・と敬遠したり、中には音楽を嫌いになる人までいます。
音楽表現技術に下手や上手はあっても、「音楽は本来、人という生命体の心と体が自然に求めているものである」というところから出発すると、好きとか嫌いという感覚や感情的な概念と、表現技術の優劣をむすびつけることは、まったく当てはまらないことに気づきます。

音楽はリズムからはじまっている

音楽のひとつの要素としてリズム(律動)を捉えてしまうと、メロディー(旋律)と同じ重要性をもっているように感じてきますが、メロディーとは音程の高低にリズムが伴って、はじめてメロディーとなりますす。元々、リズムはひとつの要素ではなく「法則」であり「エネルギー波動」だということを、ここであらためて定義し直したいと思います。

誰もが皆、リズムを表現しているのです。

リズムとは「繰り返す」ことです。同じことを一度でも繰り返した時、リズムが生まれます。物理の法則の様に、時間的な法則性があることをリズムと呼びます。
心臓の鼓動もリズムです。惑星や月の運行、地球の動きも、元素の振動もリズムです。生命の誕生も、美しい四季もリズムがあります。そこから成り立つ生活もまたリズムです。宇宙はリズミカルに動いています。

誰もが皆、パーカッションに毎日接しています。

パーカッションとは、音楽、特にリズムを表現する道具・楽器のことを総称していう呼び名です。日本では打楽器と呼んでいますが、打つだけの楽器ではなく、振るもの、こするもの、吹くもの・・・様々な方法で音やリズムを表現する事ができるものは全てパーカッションになります。つまり、身の回りにあるもの全てが、パーカッションという楽器なのです。
机もイスも、鍋もお茶碗もパーカッションです。家もビルもパーカッションです。自分の体もパーカッションです。地球の大地も大気もパーカッションです。(しかもいつも勝手に演奏している・・)
この世にある万物は、人が音楽として関わりを持ち、パフォーマンスをすることで、パーカッションになるのです。
皆さんは意識的にせよ無意識にせよ、パーカッションを使って、パーカッションで生きることを表現しています。

倍音という法則と周波数をもった身体。

パーカッションはその特徴として、倍音を最も多く含んだ楽器でもあります。倍音は自然界の中で、私たち人間にも様々に作用している法則の一つです。地球の振動といった最も低い音(低い周波数)から、超音波に近い高い音域(高い周波数)まで、幅広い周波数帯域で、多くの波長成分を表現できる楽器です。


  〜 工事中 〜



Schedule(工事中)

2013.10.28
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Aliquam et leo ut nulla tempus tempus vel ac enim. Fusce cursus dolor ac nulla pharetra a fermentum augue faucibus.
2013.11.19
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Aliquam et leo ut nulla tempus tempus vel ac enim. Fusce cursus dolor ac nulla pharetra a fermentum augue faucibus.
2014.01.01
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Aliquam et leo ut nulla tempus tempus vel ac enim. Fusce cursus dolor ac nulla pharetra a fermentum augue faucibus.
2014.02.29
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Aliquam et leo ut nulla tempus tempus vel ac enim. Fusce cursus dolor ac nulla pharetra a fermentum augue faucibus.
Vivamus et mauris eu lorem aliquet facilisis. Nullam lacinia odio eget justo fringilla iaculis ut ut metus. Nunc congue mi eu metus varius id viverra diam mattis. Cras gravida congue nulla. Donec mollis est condimentum leo consectetur ut ultrices diam accumsan. Nunc id erat ante. Etiam vestibulum, velit at fermentum viverra, leo risus consequat dui, non aliquam risus ligula vel magna. Integer pharetra mi nec odio semper sit amet mollis ligula ultrices. Phasellus sagittis tellus sed ligula volutpat sed semper orci mollis. Nulla pulvinar vehicula ligula, et mollis magna ornare sed. Pellentesque ut felis sed turpis ultricies posuere vitae venenatis orci.