About Biomusic projects Japan

 
 

HOME | バイオミュージックとは

 
 

バイオミュージックとは?


 

Biomusic(バイオミュージック)とは ”生命体の音楽"を意とします。人間の体・精神に作用し、相互に影響し合うことを目的とした音楽の在り方、ジャンルという垣根のない「人類共通の音楽スタイル」の総称、あらゆる生命とのコミュニケーションを可能にするエネルギーであり情報としての音・音楽を、私たちはバイオミュージックと呼んでいます。
人が健康に生きるためには、生命には水が必要だということと同じように、体と精神(心)を持つ人間にとって、音楽は欠かすことの出来ないエネルギー源でもあります。そのような生命エネルギーともいうべき力、あるいはエッセンスを上手に汲取り活用することで、疾病や怪我からの回復、健康の維持・増進に、科学的にも音楽を最大限に役立てることに期待できます。
 


 

民族音楽Biomusic Projects

音楽は=自然に由来する
自由自在な情報の表現

例えば、リズムと歌にテーマを絞って考えてみます。
そこにシンプルな音楽の原点があります。私たちは、義務教育の中で音楽を学問として教わり、音楽教育の中では「音楽の三要素は、リズム、メロディ、ハーモニーである。」と教わります。そしてメロディーやハーモニーが最も大切であることとして授業は展開していきます。幼少期より日本ではメロディーを重視して教えられ、学年が上がるごとにハーモニーを揃えることに熱心な教育を受けることになります。
 
しかしこれは西洋から輸入されたの音楽ジャンルのひとつの考え方、一方向からの定義でしかありません。リズム(自然な抑揚)だけでも音楽は成り立ちますが、3つの要素をそろって再現できる人でないと音楽は出来ない(音楽が下手=難しい)と思い込んでしまった方も多いのではないでしょうか。聴くのはいいけど、演奏なんてできない・・人前でなんてとんでもない・・と敬遠したり、社会人になる頃には、子供の頃には好きだった音楽からすっかり距離を置いてしまう人が多いのも日本の音楽教育の結果です。

音楽表現技術に下手や上手はあっても、「音楽は本来、人という生命体の心と体が自然に求めているものである」というところから出発すると、好きとか嫌いという感覚や感情的な概念と、表現技術の優劣をむすびつけることは、まったく当てはまらないことに気づきます。何より、肢体が不自由であったり視聴覚に障がいを抱える人であっても、どんな人でも生きている限り音楽表現はできるという考え方を、私たちはこれまで実証してきました。
 

音楽はリズムからはじまる

音楽のひとつの要素としてリズム(律動)を捉えてしまうと、メロディー(旋律)と同じ重要性をもっているように感じてきますが、メロディーとは音程の高低にリズムが伴って、はじめてメロディーとなります。元々、リズムはひとつの構成要素ではなく「法則」そのものであり「伝達エネルギー」であることをあらためて認識し直すことで、音楽の本質が音の「情報」であることがはっきりと見えてきます。
 

誰もが毎日
リズムを表現している

リズムとは「繰り返す」ことです。同じことを一度でも繰り返した時、リズムが生まれます。物理の法則の様に、時間的な法則性があることをリズムと呼びます。
心臓の鼓動もリズムです。惑星や月の運行、地球の動きも、元素の振動もリズムです。生命の誕生も、美しい四季もリズムがあります。そこから成り立つ生活もまたリズムです。宇宙はリズミカルに動いています。
 

誰もがパーカッションに
毎日接している

パーカッションとは一般的に、特にリズムを表現する道具・楽器のことを総称していう呼び名です。日本では「打楽器」と呼んでいますが、打つだけの楽器ではなく、振るもの、こするもの、吹くもの・・・様々な方法で音やリズムを表現する事ができるものは全てパーカッションになります。つまり、身の回りにあるもの、リズムを表現する全てがパーカッションという楽器でもあるのです。
もちろんピアノもパーカッションです。机もイスも、鍋もお茶碗もパーカッションです。家もビルもパーカッションです。自分の体もパーカッションです。地球の大地も大気もパーカッションです。(しかもいつも勝手に演奏している・・)
この世にある万物は、人が音楽として関わりを持ち、積極的に関わりを持ってパフォーマンスをすることで、情報の表現手段となるのです。
皆さんは意識的にせよ無意識にせよ、この「パーカッション」を持ち、パーカッションで生きることを表現しているのです。
 
 
Biomusic projects Japan 設立に寄せて/富井瑛之

 
 

日本バイオミュージックプロジェクト_富井瑛之

 

日本バイオミュージックプロジェクト設立趣意書


【背景】
科学技術が進み、情報が溢れ、物質的にも時間的にも豊かになったかのような現代社会にあって、私たちは「本当の豊かさとは何か」を問わざるを得ないような環境に身を置いている。
このような時代に、人が本来持っている生きる力・生命力を引き出し、自然と共存するための資質と技量を身につけていくためには、言語を超えた情報への理解が不可欠であると考える。
古代から人類の歴史とともにあった音楽は、情報を伝える手段としてあるいは心を癒す手段としてあり続けている一方、近年では科学的に健康への利用効果が証明されつつあるものの、未だ全容を理解するに至ってはいない。
 
【活動目的】 
日本バイオミュージックプロジェクトは、音および音楽の機能と役割、医療と音楽の関わりを学術的に研究し、その応用として事業を企画実施することにより、世界中の人々が豊かで健康な生活を送ることができる社会とその環境づくりに寄与することを目的とするものである。
 
【ミッション】
日本バイオミュージックプロジェクトは、人間の体・精神に作用して相互に影響し合うことを目的とした音楽の在り方を追求し、あらゆる生命とお互いにコミュニケーションを可能にするエネルギー・情報伝達の手段であるバイオミュージックを活用し、持続可能な社会形成に役立つ研究と実践を行うことをミッションとする。

【事業の内容】
1、音楽・音についての調査研究、情報収集と実践活用についての考察、応用プログラム開発。
2、音楽(主にマインドフルネスパーカッション)による医療支援、健康維持増進、予防医学に関する臨床実践。
3、楽器、著作物、音楽関連製品、その他商品の企画開発と製造販売。
4、芸術家、作家、クリエーター等人材の育成、教育支援活動。
5、自然環境の保全、整備、改善等についての研究と提言。
6、イベント、研修、講演会等の企画運営。
7、各種デザイン、コンテンツ製作、映像撮影、メディア運営、編集出版。
8、上記に付帯する助言指導、情報の提供、アドバイス、コンサルティング、教育事業。
 

Biomusic projects Japan 2020年10月
  

SDGsロゴマーク
日本バイオミュージックプロジェクトは持続可能な開発目標( SDGs)を支援しています。
 
biomusicロゴ